スキップしてメイン コンテンツに移動

ハ音記号の読み方

ヴィオラを弾いていると、他の楽器奏者からよく質問されることに「ハ音記号を読むコツありますか?」というのがあります。私の結論から言うといろいろ小細工をせずに「そのまま読んで慣れる」のが一番早いと思います(ト音記号で一つ上げてオクターブ下げて読むという方法も聞かれますが、私は混乱します)。私は大学からヴィオラを始めたのですが、だいたい3ヶ月くらい頑張ったら普通に読めるようになりました。
なお私の理解としては、「ハ音記号の上下にト音記号とへ音記号がそれぞれ見えている」イメージです。つまりハ音記号のハの音はピアノ(大譜表)だと「ド真ん中のド」なので、下記のようになります。
  • ト音記号のトの音(ソ)はハ音記号の第5線
  • へ音記号のヘの音(ファ)はハ音記号の第1線

このブログの人気の投稿

学生指揮入門

本ドキュメントはアマチュアヴィオラ弾きの私が、大学オーケストラでの学生指揮者の経験を通じて得た気付きを書き記した備忘録のようなものです。指揮法そのものではなく、学生指揮者(練習指揮者)として基本的な考え方、練習のマネジメント等について言及していきます。 1. はじめに 本ドキュメントのメインの対象は学生指揮者(練習指揮者)を任されることになり、指揮法の本を手に取ってみたものの、音楽の専門教育を受けたことはなく、何から手を付けたら良いか分からないといった方を想定しております。私自身、学生指揮に指名されたとき最初非常に苦労したので、同じような立場にある方への何らかのヒントになればと思います。簡素な表現のため、分かりにくい点や不正確な記載があるかもしれませんが、ご指摘頂ければ幸いです。 学生指揮の役割は楽団によって多少違ってくると思います。私の所属していた大学オーケストラでは、演奏会本番はプロの指揮者に振って頂いておりましたので、学生指揮は役割は主に普段の合奏の指揮と練習計画の策定でした。 <目次> はじめに指揮棒を持つ前に指揮の実践プロジェクトとしての演奏会 2. 指揮棒を持つ前に 下振りの指揮者の場合、指揮者としてのスキルよりトレーナーとしてのスキルが重要になります。学生指揮が最低限できなければならないことを、以下の3つのプロセスに集約してみました。 スコアを理解する音を聴く指摘する 逆説的に棒を振ることは必須ではないとも言えます。各項目の詳細は以下に説明します。 1. スコアを理解する 最低限の準備として合奏前にスコアを読み込み曲を覚えておかなければいけません。具体的な方法としては、ひたすらCD等の音源を聞きながらスコアを追っていくという作業の繰り返しです。聴きながら各パートの役割(メロディ・オブリガート・リズム・ハーモニー等)を確認していきます。スコアを見たときに、その場面の音楽が頭の中で響くようになるまで、耳を通して曲を摺り込んでおかなければなりません。 慣れないうちは、自分が理解できるようスコアに書き込みをしておきましょう。下記は一例です。 フレーズ(大抵4の倍数の小節単位で出来ている)…

Excel VBA で十二音技法

EXCEL VBAで十二音技法の音列作成アプリを作成してみました。ダウンロード、解凍後、12_180921.xlsmをEXCELで開いてください。sample.csvはウェーベルンの交響曲の音列データです。 ダウンロード( 12_180921.zip) 十二音技法12平均律にあるオクターヴ内の12の音を均等に使用することにより、調の束縛を離れようとする技法(Wikipedia